無料ブログはココログ

« 『長彦と丸彦』8回目 | トップページ | ライフコース価値観 »

2012年1月17日 (火)

犯罪研究の一結果

各年代の犯罪の研究が行われて各年代の統制変数を導入して時系列の検証をした結果,各年代とも有意性を見出す事ができるという結果が得られた。

さらに,標準偏回帰係数は各年代ともマイナスを示している事から,窃盗犯認知件数における2000年に対しての各年代の傾向は,全て2000年よりも減少傾向にあることが分かっている。

分析結果をより詳しく見ていくと,1980年から1985年にかけて窃盗犯認知件数が微増し,1990年にはわずかに減少へ転じ,1995年になるとさらに減少したものの,2000年になって再び増加していることが分析によって明らかにされている。




在庫を抱えてしまうネットワークビジネスの問題を解決するには
ネットワークビジネスで人生をが狂った!その2大被害
友人がお金に見えてしまう!?ネットワークビジネスの弊害と苦痛
なぜハーバライフはネットビジネス界で悪評を受けたのか
ネットワークビジネス成功しても、組織が崩壊したら・・・
ネットワークビジネスの商品の流出が止まらない!会社もまた被害者?
ネットワークビジネスの被害である借金を抱える原因は
ネットワークビジネスに成功できない身内がいたら

« 『長彦と丸彦』8回目 | トップページ | ライフコース価値観 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1615400/43779367

この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪研究の一結果:

« 『長彦と丸彦』8回目 | トップページ | ライフコース価値観 »