無料ブログはココログ

« 『長彦と丸彦』の4回目 | トップページ | 『長彦と丸彦』6回目です »

2012年1月 6日 (金)

『長彦と丸彦』5回目

 そして丸彦は、兄に今までの出来事をくわしく話してから、いいました。

「申しわけのために、私は死んでおわびをします、あとのことは、よろしくお願いします」

 顔長の長彦は、だまって聞いていましたが、しずかに答えました。

「生きるも死ぬるも、まあ私にまかせておきなさい。そしてまず、水夫たちにてあてをしてやって、待たせておきなさい」

 それから顔長の長彦は、二日二晩考えつづけました。そして弟にいいました。

「こんどのことは、もうどうにもしかたがない。けれど、私たちには責任があるし、死んだからとて、その責任をはたせるわけのものではない。このうえは私たちだけで、できるだけのことをしてみよう。元気を出しなさい」

 そこで、長彦と丸彦はいろいろ相談して、失敗のとりかえしをすることになりました。

 まず大津(おおつ)の町までいって、できるだけたくさんお金を借りあつめ、あちこちで船をやといました。それから水夫たちをあつめ、丸彦が隊長となって、また北の国へ、米や芋(いも)を買いにいきました。そしてこんどは丸彦も、用心に用心をかさねましたので、ぶじに荷物を運んで来ました。

 そうした旅を三度くりかえしました。そして米や芋(いも)が、山のようにたくさん集まりました。

 それを見て、心配していた人たちは、ようやく安心して、喜びあいました。

ネットワークビジネスで成功したら

専業主婦が持つビジネス哲学

ネットワークビジネスにありがちな被害とは

ネットワークビジネスで成功しちゃいました!

サプリメントを使って在宅起業!

ネットワークビジネス被害防止対策

家でできるおもしろ仕事

« 『長彦と丸彦』の4回目 | トップページ | 『長彦と丸彦』6回目です »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1615400/43643189

この記事へのトラックバック一覧です: 『長彦と丸彦』5回目:

« 『長彦と丸彦』の4回目 | トップページ | 『長彦と丸彦』6回目です »