無料ブログはココログ

« 『長彦と丸彦』6回目です | トップページ | 『長彦と丸彦』8回目 »

2012年1月 6日 (金)

『長彦と丸彦』7回目

「そうです。お金にかえておしまいなさい。またあとで、買いもどせばよろしいでしょう」

 それで、すぐに話はきまりましたが、ただ[#「ましたが、ただ」は底本では「ましたが。ただ」]一つ、困ったことがありました。

 その屋敷の庭のかたすみに、大きな梅(うめ)の木が一本ありました。その梅の木について、ふたりのお母さんが、亡くなる時、ふたりを枕(まくら)もとに呼んで、くれぐれもいい残したことがありました。

「あの梅の木は、とてもたいせつな木です。それですから、もしもよそへひき移るようなことがありましたら、あの木だけはかならず、ほかの人にたのまず、あなたたちふたりで、よく掘りおこして、枯れないようにして、持って行かなければいけません。これは、なくなったお父さんと私とふたりで、あなたたちに、くれぐれもいい残すことですから、忘れないようになさい」

 その梅の木が、ちょうどいま、花を咲かせておりました。それを掘りおこして、あらたな小さい家の庭へもっていくのは、なんだかかわいそうでたまりませんでした。しかし、両親からいい残されたことですから、守らねばなりませんでした。

「だいじょうぶです。私が掘りおこしてみましょう」

在宅勤務日記

ネットワークビジネスに挑戦する主婦

連鎖販売取引の嘘

家の中でビジネスを進めるには

起業への路

こうしてネットワークビジネスを成功させる

インターネットで副業

ネットワークビジネス成功を目指す男

« 『長彦と丸彦』6回目です | トップページ | 『長彦と丸彦』8回目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1615400/43643208

この記事へのトラックバック一覧です: 『長彦と丸彦』7回目:

« 『長彦と丸彦』6回目です | トップページ | 『長彦と丸彦』8回目 »